Webデザイン

Adobe CC コンプリートプラン(年間プラン)を途中解約してデジハリオンラインスクールのAdobe CC コンプリートプランに乗り換えた話

Adobe CC コンプリートプラン(年間プラン)を途中解約してデジハリオンラインスクールのAdobe CC コンプリートプランに乗り換えた話

やぁみんな! atomだよ!
今回は、Adobe CC コンプリートプラン(年間プラン)を途中解約してデジハリオンラインスクールのAdobe CC コンプリートプランに乗り換えた話をしようと思うぞ。

Adobe CC コンプリートプラン(年間プラン)を途中解約してデジハリオンラインスクールのAdobe CC コンプリートプランに乗り換えた話

先日、Adobe CC のアカデミック版(デジハリ)引き換えコード入力でエラーが出たけど寝て待ったら大丈夫だった話をしたけど、それ以外の手続きの部分についてちょっと書きたいと思う。
ポイントは、「普通 Adobe CC(年間プラン) を途中解約すると解約料(違約金)が発生するけど、プラン乗り換えの場合は解約料(違約金)が発生しない」っていうところだ。

Adobe CC コンプリートプランを通信講座でお安く手に入れる

僕は以前、CS6でヒューマンアカデミーさんの通信講座付きアカデミック版を利用していたことがあるんだ。
今はCS6ではなく、CCを使っているわけなんだけど、先日まで、Adobe CC コンプリートプランを普通に使っていた。
でも、ふと、「CCもアカデミック版でお安く使えないか?」と思い、探してみた。
すると、やっぱりいくつか、Adobe CC を安価で提供している通信講座(オンラインスクール)があることがわかったんだ。

アドバンスクールさんだと低価格で3年間使い続けることができる
デジハリさんとパソコンスクールISAさんは1年単位の購入で、続けて使用したい場合は1年後また新たに申し込みが必要になるぞ。
継続使用の場合、Adobeのアカウント設定で自動更新に設定することもできるけど、その場合、価格はAdobeさんが提供する通常価格になるから超注意だ。
低価格で継続利用したい場合は、デジハリさんなどの低価格講座をまた新たに購入しよう。

さて、僕はどのみちずっと使い続けることになるからアドバンスクールさんでもよかったんだけど、デジハリさんの通信講座がどんなものか見てみたかったので、今回はデジハリさんを選ぶことにした。

デジハリオンラインスクールでAdobeCCをお安く入手

さて、これでお安く Adobe CC を入手する準備は整った。
次は契約中の年間プランを解約だ。

年間プランを解約しても解約料(違約金)が発生しない?

Adobe CC の年間プランを普通に途中解約すると、残支払額の半額の解約料(違約金)が発生する。
でも、プラン乗り換えの場合は解約料(違約金)が発生しないんだ。
その方法を、紹介しよう。

解約料(違約金)を発生させずに Adobe CC 年間プランを途中解約してオンラインスクール提供の Adobe CC に乗り換える方法

  1. オンラインスクールに申し込み、引き換えコードを入手しておく(解約処理を依頼してからでも別にいい。各々のタイミングで。)
  2. Adobeチャットサポートに連絡して、オンラインスクール提供の Adobe CC にプラン変更する旨伝え、年間プランを解約処理してもらう
  3. 年間プランの使用期限が来たら、オンラインスクールから届いた引き換えコードを入力して、プランを有効化する
Adobeチャットサポートでプラン変更に伴う途中解約処理を依頼 オンラインスクールから届いた引き換えコードを入力してプランを有効化

以上だ。
このフローを経ずに、自分で解約してしまうと解約料(違約金)が発生してしまうから超注意。

ただ、その場合でも救済措置が残されていた。
実は、今回僕がこの救済措置のお世話になったんだ。。。

チャットサポートに連絡して解約処理をしてもらわずに自分で解約してしまった場合

慌てずにチャットサポートに連絡し、「オンラインスクール提供の Adobe CC にプラン変更するが、事前に年間プランを解約してしまった」と伝えれば、解約料(違約金)の返還処理をしてくれるぞ。
一旦、解約料(違約金)の請求は成立してしまうけど、後日、同額を返金処理してくれるというもの。
助かった〜。ありがたい〜。

ちなみに、解約してから解約料(違約金)返還処理までの有効期限は特にないそうだけど、1年以上とか時間が経ってしまっているものについては別途確認が必要になるかもしれないとのことだった。

めでたく途中解約料(違約金)なしでお安く Adobe CC を使い続けることに成功

一回は解約料(違約金)を支払うことを覚悟したけど、Adobeさんの計らいにより返金処理をしてもらうことができて、お安く Adobe CC を使い続けられることになった。
嬉しい〜。Adobeさんありがとう!

期限が切れても更新はせず再度デジハリで購入を

ちなみに、プランの利用期限が近づいてくると、Adobe CCアプリやメールで更新の手続きをするよう促すメッセージが届くようになる。
促されるままに更新してしまうと、料金は通常料金(72,336円/1年)で更新することになってしまうぞ。

AdobeCC更新を促すアラート

デジハリオンラインスクール価格で使い続けるためには、Adobeで更新せず、再度改めてデジハリオンラインスクールに申し込む必要があるんだ。
「一度受講したらもう受講できない」なんてこともないから、プランの期限が切れるたびに何度でも受講することができるぞ。

これはデジハリさんだけでなく、アドバンスクールなど他のAdobe CC付属講座でも同じだ。

お得な料金で講座も受講できてお得なデジハリ+Adobe CC

というわけで、「Adobe CC コンプリートプラン(年間プラン)を途中解約してデジハリオンラインスクールのAdobe CC コンプリートプランに乗り換えた話」どうだったかな?

オンラインスクールに付属するAdobe CCは、料金が安くてお得というのはもちろん、信頼できるスクールのオンデマンド講座を受けることができるっていうのが魅力的だよね。
初心者が見て役立つのはもちろん、中級者や上級者も、一度見てみると新しい発見があったりして楽しいと思うぞ。

Adobe CC を使っている、または使おうと思っているおともだちは、参考にしてみてくれよな!